· 

だれもが文化でつながる国際会議

だれもが文化でつながる国際会議のBecre-ape出展ブース

東京都美術館で実施された「だれもが文化でつながる国際会議」関連イベントにブース出展しました。

東京都美術館で3年間「とびらプロジェクト」として活動した3名により立ち上げた

「 Be Cre-Ape(ビークリエイプ)」というグループ名での出展です。

 

ブースの内容は活動の紹介と私の作品展示。さらには作品を用いた二つのワークショップを実施しました。

 だれもが文化でつながる国際会議の小林大悟作品
だれもが文化でつながる国際会議での作品キャプションワークショップの画像

こちらは作品タイトルを考えるワークショップ。

 

絵の横に設置した巨大キャプションの空欄に、タイトル名を考えて記入してもらいました。

(好きな枠に一人一つ書いてもらっています)

タイトルを考えることでじっくりと鑑賞する機会が生まれ、他の人のタイトル名を読むことで

多様な鑑賞の視点を感じてもらう事を狙いとしています。

梱包材に包まれた小林大悟作品
ワークショップ「プチプチの向こう側」の成果作品

こちらは「プチプチの向こう側 鑑賞ワークショップ」。

 

参加者の前にプチプチに包まれた小作品を鑑賞してもらい、プチプチ越しに感じとった色・形や絵のイメージを

色鉛筆で描き出してもらいました(絵の上下左右も参加者に予想してもらっています)。

 

プチプチに包まれているため、絵は当然ぼんやりとしています。

はっきりと写し取れない、その曖昧さによって絵を描くハードルを下げています。

 

描き上げた絵は、プチプチを剥がした絵と比較。両者のズレや共通点を楽しみます。

 

さらには描き上げた絵を壁に展示しました。

たとえ私の絵を写したのだとしても、参加者の予想/想像で描かれているため出来上がった絵は

独立した1枚の作品になっています。私の絵も参加者の絵も一緒に壁にならべた同等の1作品にすぎません。

ワークショップを通じて、鑑賞→創作→展示の流れで、いつの間にか鑑賞側から作家側に立たせてしまうのが狙いでした。

 

 

短い期間でしたが、多くのご来場者にワークショップを楽しんでいただけました。

反響も大きかったので、別の機会にも実践したいと思います。

 

だれもが文化でつながる国際会議